ネットの誹謗中傷!誰もが被害者にも加害者にもなる?

誰もが該当する!ネットの落とし穴

ネットの誹謗中傷は、いつ誰が被害に遭ってもおかしくありません。しかし、その逆もしかりで、加害者になってしまうことも容易にあります。しかも、加害者の方が実感が低いという傾向が見られるようです。あなたもSNSの書き込みやブログなど、ついつい批判したり悪口を書いていたりしませんか?正義のつもりでも、実は自分が他人を傷つけて追い込んでいた、ということも決して少なくはないのです。被害者にも加害者にもならない為に、もう一度良く考えて投稿しましょう。

匿名だから安心できるとは限りません

そうは言っても、ネット上の問題ですよね。匿名での書き込みであれば追跡もされないし、誰かに謝罪を求められることも無ければ刑事責任も生じないという考えの人は多いようです。しかし、実はそれは間違いであることを覚えておきましょう。実際に誹謗中傷された人がそのことで実害をこうむり、犯人特定に向けて動き出せば、例え匿名であっても本人に辿り付けるということは可能なのです。警察や弁護士などを通して逮捕や慰謝料請求された例はかなりあります。

誹謗中傷されない為には?

匿名での誹謗中傷は卑劣な行為ですよね。被害に遭わない為には、まず批判されるようなことを書かないのが一番です。しかし、他人を簡単に中傷する人間はどんな内容でも会計ありません。自分が誰かを傷つけるような内容を書いていないなら、例え中傷されてもスルーしましょう。少しでも間違いなどを書いた時には変な弁解はせずにすぐに謝罪文と訂正を載せることで回避は可能です。ネットと言えども、何か起こった時の対処法は何よりも誠実で謙虚な態度が一番ということですね。

検索欄にキーワードを入力した時に、ネガティブな関連ワードが表示されてしまうことがあります。サジェスト対策をすればそのような関連ワードを表示させなくできます。