ネット上の誹謗中傷対策

ネット上で誹謗中傷されたら

web全盛の現在においてはいわれなき誹謗中傷に悩まされる機会も出てきます。もし身に覚えのない事で中傷された場合は、然るべき対処をとるようにしましょう。書き込みを削除してもらうように管理人に連絡をとったり、度が過ぎる内容ならば法的処置も検討する必要があります。事実を知らない第三者は書き込みの内容をそのまま信じてしまう傾向にありますから、もし誹謗中傷を見つけたときは迅速に適切な対応をとるようにしてください。

良い情報で上書きする

もし気にするほどの内容でなくアクションを起こさない場合はそのネット誹謗中傷がいつまでもweb上に残ってしまう事になります。それが多少でも気になるなら都合の良い情報をより多くweb上に残すという対策も可能です。ネット誹謗中傷が個人に対しての場合、人名を検索をした時に良い情報で埋め尽くされていると都合の悪いものが見つけにくくなり、人の目に触れる機会もおのずと減らす事ができます。是非気軽に実践してみてください。

普段から生活に気を使おう

ネット誹謗中傷は事実と反する内容が多いこともありますが、火のない所に煙は立たないとも言うように少なからず関連があることもあります。もし誹謗中傷に悩まされたときは、自分に落ち度はなかったか一考してみる事をお勧めします。問題がなかった場合は然るべき対処をとるべきですし、自分に非があったときは素直に反省する事も時には大切です。普段から誠実な生活を心がけておけば誹謗中傷に悩まされることも自然と少なくなるでしょう。

ネット誹謗中傷は、WEB上で起こるため書いた本人がわかりません。そのため、非常に辛辣な言葉で綴られることがほとんどです。最近では、書いた本人を探し出し訴えられるケースもあるため、注意が必要です。