ecサイトの仕組みを知り、売上を伸ばすには

どのように成り立っているか

ネットを通じ、ものやサービスを売買するウェブサイトのことをecサイトと呼びます。サイトの方法はモール型と自社サイトに分類され、アマゾンやヤフーなどに出店し自社の製品を販売する仕組みで、モールが提供するシステムを利用し、決済もモールが実施するので、出店者はモールが用意してくれ雛形から選ぶ仕組みとなります。これとは反対に自社にてウェブサイトを構築し、自社製品を売買する仕組みもあります。ドメイン取得から、運用・保守・決済までを行う方法もあります。

どうやって売上を伸ばすか

運用は出店する商品の仕入れ、在庫、データ管理を行う商品管理、商品の登録、情報の更新を行うサイトの管理、問い合わせ、相談、クレームを扱うサポート業務、売上を管理する売上管理などがあります。中でも、売上向上には、戦略を社内で明確に情報共有すること、顧客目線で作成した顧客が使いやすいサイトつくり、複数のツール(ブログやソーシャルメディアなど)を併用した効果的な販売、物流や請求処理の効率かは大事な業務になります。

今欲しいものを今提供する

一番大事なのは、リピータで一度、製品を購入してもらったら、次回も購入したいと思ってもらうのが事です。その為には、基本を押さえ改良を怠らないことが大事で顧客への既存製品のアピールはもちろん、新製品の認知度上げるために、色々なツールを利用する、常にecサイトの改善を怠らないことが必要になります。また、タイミングも大事で、今欲しいものを今購入してもらい、購入のタイミングが合わなければ、販売促進につながりません。その為にはサイトの商品を時期や状況に合わせて品揃えを変えるのは必要になります。

外部サービスを利用してecサイト構築する場合には、送料の設定の柔軟性がご自身が求めるレベルであるか確認してください。画一的な送料設定ができない場合、特売等の対応に制約が出る場合もあります。